公益財団法人 シルバーリハビリテーション協会 メディカルコート八戸西病院付属 八戸西健診プラザ

文字サイズ変更
お問い合わせ・ご予約はTEL.0178-21-1717

企業ご担当者様へ睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
無呼吸、低呼吸状態が続くことで、高血圧、糖尿病、脂質異常症等を誘発し、動脈硬化を引き起こす可能性が高いこと、新幹線、バス、タクシードライバーによる産業事故を起こす危険、業務中の作業効率、生産効率の低下等にもつながるため、早期に検査をして、適切な治療につなげることが大切です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査

就寝時、簡易型ポリソムノグラフィー(睡眠評価装置)を使用して、睡眠障害、睡眠時無呼吸(睡眠時無呼吸症候群)の有無を調べる簡易検査です。

この検査では、お腹と鼻と指先の3ヶ所にセンサーを付けて、無呼吸の回数・血液中の酸素濃度の変化・鼻の気流の程度・胸や腹部の動きなどを調べます。
検査の方法は、測定装置を自宅に持ち帰り、患者様ご自身で装着し、2晩測定していただきます。装着方法は来院時に看護師がご説明致します。

このような方におすすめです
  • 大きないびきをかく
  • 日中いつも眠い
  • 夜間の呼吸が止まっている(指摘されたことがある)
  • 夜間に息苦しくなって目が覚める
  • 夜間トイレに何度も行く
  • 起床時の頭痛やだるさ
  • 居眠り運転を良く起こしそうになる
検査料金6,500円(税込)(2晩)
各団体では検査料金の助成制度がある場合がありますので、当施設までお問い合わせください。
検査方法事前に当施設にお越しいただき、簡易型ポリソムノグラフィー(睡眠評価装置)の装着方法を説明の上、測定装置をお渡しします。
自宅にて2晩測定後、当施設までご返却いただきます。
結果通知約2週間後に結果を通知したします。

睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査パンフレット
パンフレットはこちら(PDF形式)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)が気になる方へ

下記の質問は、日中の眠気を評価するテストです。
あなたの普段の状態でチェックしてみましょう。
下記の質問の中で、普段そういった状況にはならない場合も、もしそういう状況になったらと推測してお答えください。

日中の眠気スコア(ESS)セルフチェック

0 居眠りしてしまうことはない、起きていられるであろう
1 もしかすると眠たくなり、(20~30%の確立で)居眠りしてしまうかも知れない
2 起きていられるか、居眠りしてしまうか五分五分(50%の確立)であろう
3 おそらく(70~80%の確立にて)居眠りしてしまうであろう

上記0~3までの番号のうち一番適切と思う数字を選び選択してください

状態(どんなときに眠ってしまいますか?)
Q1.座って読書をしているとき
Q2.テレビを見ているとき
Q3.人の大勢いる場所で座っているとき(例えば、会議や劇場など)
Q4.他の人の運転する車に、休憩なしで1時間以上乗っているとき
Q5.午後に、横になって休憩をとっているとき
Q6.座って人と話しをしているとき
Q7.飲酒をせずに昼食後、静かに座っているとき
Q8.自分で車を運転中に、渋滞や信号で数分間、止まっているとき
合計 

結果を見るボタンをクリック!

やり直す結果を見る
11点以上

日中の強い眠気有り。検査をお勧めします。
病的領域とされ、睡眠時無呼吸症候群(SAS)にかかっている場合は、治療を要するレベルと評価されています。

11点未満

慢性的ないびきをかく人、睡眠時に呼吸が止まる人、日中頻繁に眠気を感じる人も、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性がありますので、検査をお勧めします。

《0~ 5点》 日中の眠気少ない
《5~10点》日中の軽度の眠気あり

未選択の項目があります。

  • アクセス・ご案内MAP
  • Q&A よくある質問
  • お問い合わせ
電話受付時間
平日 12月~4月8:00~17:00
5月~11月7:30~17:00
土曜 12月~4月8:00~12:00
5月~11月7:30~12:00
休 業 日

日曜・祝日・年末年始

お問い合わせ・ご予約は

TEL.0178-21-1717

PAGE TOP